MENU

介護保険制度

 

介護保険制度というのは介護やサポートなどの支援が必要になってしまった時でも安心して生活をすることが出来るように、高齢者や介護が必要な人を支えるための制度です。介護保険に加入する年齢というのは、40歳以上ということになっていて、介護保険の運営に必要なお金の半分を介護保険加入者が負担して、残りの費用は都道府県や国などが公費として負担することになっています。
介護保険制度でサービスを受けることが出来る人というのは、対象が決められていますから、しっかりと確認した上で利用しなければいけません。まず65歳以上の人の場合には、寝たきり、認知症で毎日介護が必要な状態にある人で、要介護の状態の人、常に介護が必要というわけではないのですが、日常生活が出来ない、支障が出るようなよう支援の状況にある人が、介護保険のサービスを受けることが出来ます。
そして40歳から64歳までの、初老認知症、脳血管疾患や老化などで、特定疾病にかかっていて、要介護状態になった人や、要支援状態になった場合にもサービスを受けることが出来ますから、一般的には、40歳の介護保険に加入した時点から対象になるということになります。
利用するという場合には申請をしてサービスを利用するための手続きが必要です。特定福祉用具のグッズや商品などを購入する際には、購入する金額の1割の値段で買うことが出来るという特典もありますし、福祉用具のレンタルも1割負担、住宅改修についても、20万円までなら1割の自己負担で可能です。

福祉・介護系のユニバーサルデザイン

福祉・介護系ユニバーサルデザインについて紹介したいと思いまず。福祉・介護系のユニバーサルデザインというのは、1980年代にできた新しい言葉です。この福祉・介護系のユニバーサルデザインという言葉は何かというとみんながたくさん利用する建物などを使いやすいように、考えることをユニバーサルデザインと呼んでいます。福祉・介護系の言葉のユニバーサルデザインというのは、小さな身の回りのものから始まって、大きなものになると建物や公園などにも福祉・介護系のユニバーサルデザインはありますから、物にかかわらずユニバーサルデザインというのはいろいろな物に適応されているといわれています。

 

福祉・介護系のユニバーサルデザインを考えるうえで大切なことは、誰でも平等に使うことができて、その時、その場所にいた人みんなが使えて、見て使い方をすぐにわかるものや場所、そして情報なども見てすぐわかるデザインになっていることが条件ですし、力を無理に入れなくても使えたり、誰でも手軽に使えることが福祉・介護系の観点から見たユニバーサルデザインの特徴です。今、いろいろな物に福祉・介護系のユニバーサルデザインは考えられていますから、よく見かける人も多いのではないでしょうか。

福祉・介護系の介護とは

福祉・介護系という言葉をよく聞きますが、この福祉・介護系の介護というのは一体何なのでしょうか。福祉・介護系の介護というのは、人を助けたりすると言いますが、ここではお年寄りや体の不自由なお年寄りなどを対象にして使われています。福祉・介護系で介護が必要な人というのは具体的にはどんな人なのかというと体が不自由になってしまった人、お年寄りで自分で身の回りの生活をすることができなくなった人などいろいろな人が対象になります。福祉・介護系の介護というのは具体的にはどんなことをするのでしょうか。まず一つ目が食事の介護があります。自分で食事を食べることができない人には食事を食べさせてあげなければいけません。お年寄りは歯も弱ってしまっていますから、柔らかいものを作って食べやすく切ってあげたり、口に運んであげなければいけませn。

 

他にも、福祉・介護系の介護の具体的な内容としては、もしも寝たきりになってしまった場合には、トイレに自分で行くこともできませんから、排泄の介護もしなければいけませんし、お風呂にも自分で入ることができませんから入浴介助などをする必要もあります。このように福祉・介護系の介護と一言でいってもいろいろな介護の方法があります。